082-884-2566

〒731-4311 広島県安芸郡坂町北新地2丁目3-10

病院指標

平成29年度 済生会広島病院 病院指標

DPCデータを用いた病院指標

DPCデータから全国統一の定義と形式に基づいた指標を作成し、市民の皆さんに情報公開を進めています。
この指標によって、当院の特徴や急性期医療の現状を理解していただくことを目的としています。
現在公開している病院指標は、平成29年度(平成29年4月1日~平成30年3月31日)中に当院を退院した患者さんのデータを集計の対象として作成しています。
ただし、自動車賠償責任保険や労災保険、自費等の患者さんのデータは含まれません。

DPC(診断群分類別包括制度)とは

入院患者さんの病気とその症状を基に国で定めた1日あたりの定額の点数から入院医療費を計算する制度です。

病院指標とは

病院の様々な機能や診療の状況などを具体的に数値化し示したものです。病院指標を評価、分析することによって医療の質の向上を図っていきます。

医療法における病院等の広告規制について(厚生労働省)

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数

ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 5 26 51 49 135 189 429 856 957 475
定義
  • 集計期間に退院した患者様の年齢階級別(10歳刻み)患者数です。
  • 年齢は、入院した時点での年齢で集計しています。
解説

幅広い年齢層の患者様にご利用いただいておりますが、80歳代が一番多く全体の約3割を占めています。60歳以上の患者様の割合が全体の8割を超え、地域社会の高齢化を反映しています。当院では特に高齢者にやさしい医療を目指しております。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 124 28.00 17.71 4.03 84.80
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 89 31.94 20.83 14.61 86.00
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 54 4.19 3.03 1.85 72.31
定義
  • DPCでは入院患者様の情報が病気と治療方法(手術や処置等)によって4,244種類(包括対象外の分類も含む)の診断群に分類されます。
  • 診療科ごとに症例数上位3つの診断群分類について集計しています。
  • DPCコード: 診断群分類を表すコードです。病気と治療方法の組み合わせによって分類されますので、同じ病気でも治療方法が違えばDPCコードは異なります。
  • DPC名称: どのような病気と治療方法で分類されているかを表します。
  • 平均在院日数(自院): 病院に入院していた日数(在院日数)の平均値です。
  • 平均在院日数(全国): 厚生労働省より公表されている平成29年度における全国のDPC対象病院の在院日数の平均値です。
  • 転院率: 該当する症例数の内、当院から他の病院に移動して継続入院(転院)することとなった患者様の割合です。
解説

内科で最も多い症例は心不全です。平均年齢は80歳を超え、高齢者の患者様が多くなっていることが分かります。慢性心不全で入退院を繰り返す患者様が多いです。

次いで多い症例は誤嚥性肺炎です。脳梗塞後遺症、認知症、寝たきり等による嚥下障害のある患者様に多い疾患です。平均年齢は85歳を超え、4週間以上の入院となることが多いです。また、誤嚥が疑われる場合は、嚥下評価を行い、誤嚥対策を実施しています。

3番目に多い症例は狭心症です。約5割の方が心臓カテーテル検査目的の入院です。

外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 22 9.91 7.40 0.00 66.73
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 13 6.23 8.98 0.00 65.92
060020xx02x0xx 胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし - - 17.27 - -
定義
  • DPCでは入院患者様の情報が病気と治療方法(手術や処置等)によって4,244種類(包括対象外の分類も含む)の診断群に分類されます。
  • 診療科ごとに症例数上位5つの診断群分類について集計しています。
  • DPCコード: 診断群分類を表すコードです。病気と治療方法の組み合わせによって分類されますので、同じ病気でも治療方法が違えばDPCコードは異なります。
  • DPC名称: どのような病気と治療方法で分類されているかを表します。
  • 平均在院日数(自院): 病院に入院していた日数(在院日数)の平均値です。
  • 平均在院日数(全国): 厚生労働省より公表されている平成29年度における全国のDPC対象病院の在院日数の平均値です。
  • 転院率: 該当する症例数の内、当院から他の病院に移動して継続入院(転院)することとなった患者様の割合です。
解説

外科で最も多い症例は胆のう結石を伴う胆のう炎です。手術目的の入院が多く、ほとんどが腹腔鏡下による手術です。

次いで多い症例は腸閉塞(イレウス)です。絶食にて点滴治療等を行っています。

3番目に多い症例は胃癌です。手術目的の入院が多く、ほとんどが腹腔鏡下による手術です。

患者数が10未満の場合は、患者様が特定され得るため、情報は記載しておりません。

整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 81 56.28 27.09 8.64 85.12
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。)手術なし 副傷病なし 50 44.28 19.94 8.00 80.80
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。)腱縫合術等 38 22.29 11.41 2.63 61.71
定義
  • DPCでは入院患者様の情報が病気と治療方法(手術や処置等)によって4,244種類(包括対象外の分類も含む)の診断群に分類されます。
  • 診療科ごとに症例数上位3つの診断群分類について集計しています。
  • DPCコード: 診断群分類を表すコードです。病気と治療方法の組み合わせによって分類されますので、同じ病気でも治療方法が違えばDPCコードは異なります。
  • DPC名称: どのような病気と治療方法で分類されているかを表します。
  • 平均在院日数(自院): 病院に入院していた日数(在院日数)の平均値です。
  • 平均在院日数(全国): 厚生労働省より公表されている平成29年度における全国のDPC対象病院の在院日数の平均値です。
  • 転院率: 該当する症例数の内、当院から他の病院に移動して継続入院(転院)することとなった患者様の割合です。
解説

整形外科で最も多い症例は大腿骨近位部骨折です。高齢者に多い外傷で早期治療を行わないと必ず寝たきりになってしまいます。糖尿病や高血圧症等の内科的疾患を合併しておられる患者様も多く、内科医師と協力して加療を行っています。

次いで多い症例は骨粗鬆症を伴う脊椎圧迫骨折です。脊椎圧迫骨折は最も多い大腿骨近位部骨折と共に高齢者が寝たきりになる原因の最大の要因となっています。寝たきりや認知症にならないよう、早期離床・早期リハビリを行い、在宅復帰を目指しています。

3番目に多い症例は肘、膝の外傷です。肘や膝はスポーツ外傷以外にも加齢に伴う変形等による痛みのため、日常生活に支障をきたします。適切な加療を行い、早期社会復帰を目指しています。

神経内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010160xx99x00x パーキンソン病 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 17 37.18 18.66 5.88 76.71
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 副傷病なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 - - 16.51 - -
010170xx99x00x 基底核等の変性疾患 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 14.65 - -
定義
  • DPCでは入院患者様の情報が病気と治療方法(手術や処置等)によって4,244種類(包括対象外の分類も含む)の診断群に分類されます。
  • 診療科ごとに症例数上位3つの診断群分類について集計しています。
  • DPCコード: 診断群分類を表すコードです。病気と治療方法の組み合わせによって分類されますので、同じ病気でも治療方法が違えばDPCコードは異なります。
  • DPC名称: どのような病気と治療方法で分類されているかを表します。
  • 平均在院日数(自院): 病院に入院していた日数(在院日数)の平均値です。
  • 平均在院日数(全国): 厚生労働省より公表されている平成29年度における全国のDPC対象病院の在院日数の平均値です。
  • 転院率: 該当する症例数の内、当院から他の病院に移動して継続入院(転院)することとなった患者様の割合です。
解説

神経内科で最も多い症例はパーキンソン病です。主にリハビリ治療を行っています。

次いで多い症例は脳梗塞です。点滴治療を行い、廃用症候群の予防、早期のADL向上と社会復帰を図るため、早期にリハビリを開始しています。

3番目に多い症例は多系統萎縮症です。レスパイトの受入やリハビリ治療を行っています。

患者数が10未満の場合は、患者様が特定され得るため、情報は記載しておりません。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 23 2 1 5 7 9 1 7
大腸癌 7 6 10 7 3 36 1 7
乳癌 9 1 1 0 0 1 1 7
肺癌 0 0 0 3 1 11 1 7
肝癌 5 0 0 1 3 21 1 7
※ 1: UICC TNM分類, 2: 癌取扱い規約
定義
  • 5大癌とも呼ばれる胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌の患者様の延べ人数を初発のUICC病期分類別及び再発に分けて集計しています。
  • UICC病期分類: 国際対がん連合(UICC)が定めた腫瘍の病期分類があり、T(原発腫瘍の大きさと進展度)、N(所属リンパ節への転移状況)、M(遠隔転移の有無)を評価し、それを指標に癌の進行度と拡がりの程度を一度に表すことが出来るように作られたのがStage分類です。
解説

胃癌は早期であるⅠ期の患者様が多くなっています。これは癌ができるだけ早期のうちに内視鏡的治療などの比較的患者様への侵襲が少ない治療を行うことによって、患者様の負担を減らそうという試みを行っています。

また、Ⅲ期やⅣ期の患者様は手術や化学療法など患者様の状態に合わせた幅広い治療を行っています。

大腸癌の再発患者数が多くなっていますが、ほとんどが化学療法目的の再入院になっています。

肝癌の再発患者数も多くなっていますが、ほとんどが血管塞栓術等の治療を行っています。

なお、UICC病期分類が不明に分類されている症例については、入院中に病理検査結果が出ていない場合が多く、当該入院中の情報だけでは病期分類ができていないことなどが理由として挙げられます。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 22 9.73 60.23
中等症 86 20.45 82.48
重症 18 34.39 86.28
超重症 4 59.00 91.50
不明 0 0.00 0.00
定義
  • 成人の市中肺炎の患者様の人数を重症度別に集計しました。成人市中肺炎診療ガイドライン(日本呼吸器学会)による重症度分類システム(A-DROPスコア)を用いています。この指標では細菌による肺炎を集計しており、インフルエンザウイルスなどのウイルスによる肺炎や食べ物の誤嚥による肺炎、気管支炎などは集計対象外となっています。
  • 市中肺炎: 普段の社会生活の中でかかる肺炎のことです。
  • 平均在院日数: 病院に入院していた日数(在院日数)の平均値です。
  • 重症度分類(A-DROPスコア)
    • 軽症は重症度0
    • 中等症は重症度1~2
    • 重症は重症度3
    • 超重症は重症度4~5
解説

患者数が最も多いのは中等症ですが、他の重症度も存在します。重症度が上がるごとに治療に日数がかかっていることが分かります。

また、軽症の患者様の平均年齢が約60歳ほどであるのに比べて、中等症~超重症では平均年齢が高齢の年齢層になっており、市中肺炎は年齢が上がるごとに重症化していることが分かります。

脳梗塞の患者数等

ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
- 36 58.33 80.50 5.56
定義
  • 脳梗塞等の分類に該当する患者様をICD-10コード別に集計しました。
  • 脳梗塞とは、脳に栄養を与える動脈の閉塞、または狭窄のため、脳虚血を来たし、脳組織が酸素、または栄養の不足のため壊死、または壊死に近い状態になることをいいます。また、それによる諸症状も脳梗塞と呼ばれることがあります。
  • この指標では、発症日の違い(急性期、慢性期)による入院期間、転院率等について示しています。
  • ICD-10コード: 国際疾病統計分類-第10回修正(ICD-10)に基づいて、様々な傷病名が分類され、コード化されています。例えば、「I633(コード)」といえば「アテローム血栓性脳梗塞」といったように、コードによってその病気が表されています。
  • 平均在院日数: 病院に入院していた日数(在院日数)の平均値です。
  • 転院率: 該当する症例数の内、当院から他の医療機関に移動して継続入院(転院)することとなった患者様の割合です。
解説

I63$(脳梗塞)に分類される症例が多く、特に発症日から3日以内の急性期脳梗塞が集計対象全体の約8割以上を占めます。

急性期脳梗塞の患者様の平均年齢は80歳を超え、いわゆる後期高齢者の方が多くなっています。急性期治療とリハビリテーションを行うため、入院日数は長くなっています。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 229 0.24 2.20 0.00 67.03
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 28 3.89 2.29 0.00 68.18
K664 胃ろう造設術(経皮的内視鏡下胃ろう造設術、腹腔鏡下胃ろう造設術を含む。) 21 28.05 54.05 33.33 85.67
定義
  • 診療科ごとの手術について症例数上位3つを集計しています。
  • Kコード: 手術術式の点数表コードです。
  • 名称: 手術術式の名称です。
  • 平均術前日数: 入院日から手術日までの日数の平均です。手術日当日は含まれません。
  • 平均術後日数: 手術日から退院日までの日数の平均です。手術日当日は含まれません。
  • 転院率: 該当する症例数の内、当院から他の医療機関に移動して継続入院(転院)することとなった患者様の割合です。
解説

内科では大腸ポリープ(腺腫、早期癌、過形成性ポリープなど)に対する内視鏡的治療が最も多くなっています。

次いで虚血性心疾患(心筋梗塞や狭心症など)に対する経皮的冠動脈形成術と経皮的冠動脈ステント留置術といった心臓カテーテル治療が多くなっています。心臓カテーテル治療は、腕や足の血管から心臓まで管を通して病変を治療する方法です。即日入院して緊急で行う場合や検査と同時に行う場合、検査から日数を空けて行う場合、検査して一旦退院してから再入院して行う場合など患者様の状況に合わせて様々なタイミングで手術を行っています。

3番目に多い手術は脳梗塞後遺症、認知症、寝たきり等による嚥下障害で経口摂取が困難となった患者様に対して行う胃ろう造設術です。本人の意思及び家族の意思を確認し、実施しています。

外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 22 1.27 7.64 0.00 66.73
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 21 0.95 4.05 0.00 71.33
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) - - - - -
定義
  • 診療科ごとの手術について症例数上位3つを集計しています。
  • Kコード: 手術術式の点数表コードです。
  • 名称: 手術術式の名称です。
  • 平均術前日数: 入院日から手術日までの日数の平均です。手術日当日は含まれません。
  • 平均術後日数: 手術日から退院日までの日数の平均です。手術日当日は含まれません。
  • 転院率: 該当する症例数の内、当院から他の医療機関に移動して継続入院(転院)することとなった患者様の割合です。
解説

外科では腹腔鏡下による胆嚢摘出術が最も多くなっています。ラパコレと呼ばれるもので、手術による傷がきわめて小さく、術後の痛みが開腹術に比べて非常に少ない点がメリットです。

次いで多い手術は腹腔鏡下による鼠径ヘルニア手術です。この手術はメッシュと言われる人工補強材を、小腸などが出てくる筋膜の弱い部分に入れて腸などが出てくるのを防ぎます。比較的短期間で退院されています。

3番目に多い手術は結腸切除術です。結腸癌に対して、全身麻酔下による開腹手術を行っています。

患者数が10未満のため、患者様が特定され得るため、情報は記載しておりません。

整形外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨、上腕、大腿) 80 3.00 52.85 7.50 80.83
K0462 骨折観血的手術(前腕、下腿、手舟状骨) 33 2.12 47.21 0.00 72.48
K068-2 関節鏡下半月板切除術 31 0.87 21.26 3.23 65.35
定義
  • 診療科ごとの手術について症例数上位3つを集計しています。
  • Kコード: 手術術式の点数表コードです。
  • 名称: 手術術式の名称です。
  • 平均術前日数: 入院日から手術日までの日数の平均です。手術日当日は含まれません。
  • 平均術後日数: 手術日から退院日までの日数の平均です。手術日当日は含まれません。
  • 転院率: 該当する症例数の内、当院から他の医療機関に移動して継続入院(転院)することとなった患者様の割合です。
解説

整形外科では骨折観血的手術(肩甲骨、上腕、大腿)の症例が最も多くなっています。高齢者に多い外傷で早期治療を行わないと必ず寝たきりになってしまいます。糖尿病や高血圧症等の内科的疾患を合併しておられる患者様も多く、内科医師と協力して加療を行っています。

次いで多い手術は骨折観血的手術(前腕、下腿、手舟状骨)です。高齢者が手をついた時に多く生じる手関節の骨折です。なるべく早期に手術、リハビリを行うことによって、早期社会復帰を目指しています。

3番目に多い手術は関節鏡下による半月板切除術です。膝はスポーツ外傷以外にも加齢に伴う変形等による痛みのため、日常生活に支障をきたします。適切な加療を行い、早期社会復帰を目指しています。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 1 0.03
異なる 9 0.28
180010 敗血症 同一 11 0.35
異なる 10 0.32
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0.00
異なる 0 0.00
180040 手術・処置等の合併症 同一 16 0.50
異なる 0 0.00
定義
  • 播種性血管内凝固、敗血症、真菌症、手術・処置等の合併症の患者数と発症率を集計しました。
  • DPCコード: 14桁あるDPCコードのうち、6桁で集計しています。DPCコード6桁とは病名による分類を表しており、治療方法は分類に関連しません。
  • 播種性血管内凝固: 感染症などによって起こる、全身性の重症な病態です。治療に大きな医療資源が投入されるため、該当するDPCで高額な点数が設定されています。
  • 敗血症: 感染症によって起こる、全身性炎症反応の重症な病態です。治療に大きな医療資源が投入されるため、該当するDPCで高額な点数が設定されています。
  • 真菌症: 真菌による感染症です。
  • 手術・処置などの合併症: 手術や処置などに一定割合で発生してしまう病態です。術後出血や創部感染などが挙げられます。合併症はどのような術式でもどのような患者様でも一定の確率で起こりうるもので、医療ミスとは異なります。
  • 入院契機: DPCコードにて分類される包括請求の対象となる病気(DPC病名)とは別に、入院の契機となった病気(入院契機病名)がそれぞれの入院患者様につけられています。DPC病名と入院契機病名が「同一」が「異なる」かにより分けて集計しています。「同一」ということは、ある病気の診療目的で入院して、その病気の治療を行ったということを表します。一方「異なる」ということは、ある病気の診療目的で入院したが、併発していた、もしくは入院中に発症した違う病気(この指標の場合は、播種性血管内凝固、敗血症、真菌症、手術・処置等の合併症)による治療が主だったものになってしまったことを表します。
  • 発症率: 該当するDPCの患者数をカウントし、全入院患者様に対する発症率です。
解説

播種性血管内凝固や敗血症はDPCで高額な点数が設定されている(入院医療費が高くなる)ため、臨床的に根拠のある診断でなければアップコーディング(不適切な入院医療費請求)を疑われかねないDPC病名とされています。

厚生労働省による平成28年度の全国のDPC対象病院データ集計では、全症例に対する割合は播種性血管内凝固が0.16%、敗血症は0.57%でした。全国値と指標による当院の数値を比較すると、播種性血管内凝固(当院は0.31%)は全国値の約2倍、敗血症(当院は0.66%)は全国値より少し多い割合であることが分かります。当院ではDPCを播種性血管内凝固とする際は、臨床的に根拠のある診断を基に投入された医療資源を勘案して、入院医療費請求を行うよう努めています。

DPC病名と入院契機病名が異なる場合の入院契機病名として挙げられるのは、腎尿路疾患が2件、呼吸器疾患が2件、消化器疾患が5件でした。感染症で入院後も全身状態が悪化して播種性血管内凝固や敗血症といった重症な病態になってしまった症例です。

手術・処置などの合併症については、すべてがDPC病名と入院契機病名が同一である症例でした。つまり、手術・処置などの合併症を主訴として入院され、治療を受ける患者様が多いということです。

手術・処置などの合併症にあたる症例としては、手術後の縫合不全が1件、手術後の創部感染が2件、手術後の人工股関節脱臼が1件、カテーテル留置後の尿路感染が1件、手術後に起こってしまう吻合部狭窄は11件でしたが、この内、6件は同一症例でした。

手術や処置などは合併症を起こさないように細心の注意を払って施行しています。しかし、合併症は一定の確率で起こる可能性があります。起こり得る合併症については、事前に可能な限り患者様に説明したうえで、手術や処置の施行に同意をいただくようにしています。

更新履歴
2016/9/27
平成27年度の情報公開
2017/9/30
平成28年度の情報公開
2018/9/28
平成29年度の情報公開
ページトップへ戻る